合格すると年収はどう変わる?

経済大国アメリカあたりは、資産家にはもれなく
ファイナンシャルプランナーがついて、生活設計をすることが当たり前のようになっているとかいないとか…。
日本でもこれからこの職業や資格のニーズが高まることは確かなはず。
ただ、FP技能士の収入に関して申しますならば
単にこの資格を取得しただけでは何とも申せませんの。
つまり、この資格を取ってどう活かすか?が重要ですのよ。
例えばあなた様が
これから就職を目指す、うら若き花の女子学生さんだったり、

子育てから手が離れて再就職をお考えの奥様だったり、

密かに転職を考えておいでの会社員だったり、

収入UPをもくろまれる金融機関や保険会社にお勤めの
セールスレディ
だったりするのなら、
この資格はあなた様に素敵な展開をもたらしてくれるでしょうね。

ただ、すぐに独立開業してFP技能士の本来の仕事である
相談だけで生業を立てるおつもりであるなら
かなりの営業努力と才覚が必要であると言わざるを得ませんわ…。
独立している「FP技能士」で成功されている方の例をあげますと
●資産家の専属FPになっている人
●雑誌や書籍、新聞連載など、執筆原稿料や印税で稼いでいる方
●キャラクターがはっきりしていてマスコミに上手く乗れた方
●TV出演や講座、講演会の依頼が多い方
といった例がほとんどでございまして、
いわゆる相談料だけで食べていける方は実際の所、少のうございますの。
かなり魅力的なキャラクター性をお持ちの方か
文才か話術に長けた方でないと、なかなか独立開業は難しいと
言わざるを得ませんわ。

でも、転職や再就職会社での人事異動や給料UPを目指すなら
取得するだけの価値が充分にある資格
であるのは間違いありませんことよ。